工事取引管理業務システム(IT導入補助金対象製品)


■特徴
建設業およびその他の製造業において、工事の取引管理業務を支援するシステムです。
工事案件の依頼からお客様の管理、工事取引の見積の作成、実行予算立て、協力会社への発注書、発注請書、約款書の作成から、請求書の受付、支払明細の作成および
バックオフィス業務の収支管理まで取引全般を支援するシステムです。
各種書類の作成は非常に手間がかかる作業です。それをスムーズに作成、および管理ができます。
また、長期間の工事においてはその月々の収支管理は非常に重要です。
気がついたら実行予算をオーバーしているとか、そのようなことが無いように一括管理ができます。


■構成

 

 


■機能概要
①フロント業務
工事台帳管理
工事の台帳を作成し、その管理をすることで、お客さまからの状況問合せやメンテナンス等の問合せに対応します。 建設業の工事だけではなく、自動車の整備工であったり、その他あらゆる製造業に対しその物件の契約金額や工期など詳細情報を管理します。

②ミドル業務
顧客管理
発注元のお客様情報を管理します。
見積書作成機能
工事に対する見積を工事区分別の内訳詳細まで細かく見積書を作成し管理します。
請求書作成機能
見積書および工事台帳から請求書を作成します。更には請求書に添付する工事完了報告書作成機能も追加できます。
請求/入金管理機能
発注元への請求の管理および入金状況の管理を行います。
実行予算作成機能
各工事区分ごとに実行予算をたて、その収支等を計算します。
発注書作成機能
実行予算作成後、各協力会社への発注書を作成し管理します。発注書や発注請書、工事約款などの書類を作成します。
協力会社請求管理(工事査定)
協力会社からの請求書を入力し、協力会社毎に集計管理します。
協力会社管理
協力会社の情報および支払条件等を管理します。

③バックオフィス業務
支払管理機能(各種帳票)
月次締切処理にて、月次の支払内容を自動集計するなど支払業務の管理を行います。
取引に必要な支払明細書や支払一覧等の各種集計を帳票に印刷します。
収支管理機能(各種帳票)
工事単位で、その実行予算の工事区分別に過去6カ月の収支管理が行えます。
実行予算および発注状況に基づき、実行予算残、発注残、支払額と支払残など集計し
収支の管理を行います。その工事が収益を随時帳票印刷でき管理できます。


■画面イメージ

ログイン

 

メニュー

 

工事台帳管理

 

見積書作成機能

 

請求書作成機能

 

請求/入金管理

 

実行予算作成機能

 

発注書作成機能

 

協力会社請求管理(工事査定)

 

協力会社管理

 

支払管理機能

 

収支管理機能


 

【 帳票イメージ 】